娘の気持ちに応えなきゃ!

若い頃はそれなりにお手入れもしていました。

美容部員さんのお勧めのパックも使って居ました。でも、だんだんと自分の事より優先してやらなくてはいけないことが増えてきて、後で良いか。とか、まあ良いか。に成ってしまいました。

手抜きのお手入れに成ってしまい、気が付いた時には大きな毛穴がぷつぷつと広がって居ました。

去年あたりから、たるみ毛穴も現れて来て、さすがに焦りだしました。主人いわく「誰だって、年をとったらそうなるよ。年相応で良いじゃないかな。」変らないなんて不自然だと言います。

しかしそこは私も、一応女です。スキンケア、怠けて居たことを猛反省しました。

頬が垂れてきたら、毛穴のぷつぷつの点がつながって、皺に成るのだと聞きましたから焦りました。

たるみ毛穴が怖いです。そこで、たるみ毛穴に効くという化粧品のサンプルを買ってみました。

悲しむ私に、娘から凄く高級な毛穴美容液のプレゼントも頂きました。とても私には手が出せないクリームをプレゼントしてくれた娘に感謝しつつ、まだまだたるみ毛穴なんぞに負けられないと、お手入れを始めました。

これで少しはマシになるといいんだけど。。。

参考サイトはこちら

肌が強くなった化粧水

私は肌が弱く、乾燥肌気味の体質です。
夏場は汗をかくと膝や内肘など関節部分がよく荒れます。
自分の汗でも肌がかぶれてしまう敏感肌でもあるのです。

そして、秋から冬にかけては乾燥肌に毎年悩まされます。

カサカサになるとやはり痒みも出てきてしまい、掻いてしまう、傷になるということもしばしば。
一度そうなると悪循環の繰返しなので痒みがあるときは、冷やして熱を取ったり、痒み止めの薬を早めに塗るようにしています。その他の対策法としては、やはり保湿です。

入浴時、体を温め、清潔にした後、化粧水やクリームで保湿をします。毎日使うものなので、刺激が少なくて、効果のあるものを選んで使っています。.

人によって肌質の違いや好みもありますが私は今はライスパワーエキスNo.11が入った化粧水を使っています。

人から勧められて、なるべく原料が少ないもののほうが敏感肌にはよいと聞いてからは、ライスフォースという化粧水を愛用しています。

ライスフォースは敏感肌の人にも優しい化粧品で、この化粧水とニベアクリームを使っています!

ライスフォースは決して安くはないですが、やはりお肌の保湿はすごい力を発揮しますね。

中から潤ってくるので、使っているうちに肌が強くなってくる感じがします。

乾燥敏感肌を改善する化粧水

子供の読み書きに悩んだ経験から考えること

現在、小学1年生の子どもを持つ親ですが、周りの子どもと比べてひらがなの読み書きが遅くて、親として悩んだ時期がありました。
具体的には、幼稚園年長になってもひらがなを読むことが全くできず、興味関心もあまりない様子でした。
就学直前に、自分の名前の読み書きができるようになりました。
入学して半年以上たった現在は、ひらがなは勿論のこと、カタカナも丁寧に書けるようになり、漢字に興味を持っています。
そのような経験を踏まえ、子どもの学習能力を高めるには、子ども自身の興味関心を見極めることが大切だと考えます。
例えば、子どものひらがなの読み書きは、興味関心を持つ時期が3~6歳と言われ、個人差が大きいです。
子どもが興味を持った時期に、親や周囲の人たちが積極的に子どもと関わってあげること、付き合ってあげることが、興味関心をより深めたり広げたりすることに繋がると思います。
そして、興味関心を持つきっかけとして、環境も大切だと考えます。
ひらがなの読み書きで言えば、具体的には本に触れる機会を多くすることで、必然的にひらがなを目にする機会も増えます。
リビングの見えるところにひらがな表などを貼るなど、視覚的に脳に訴えることも有効だと考えます。
また、脳の活性化にはDHAがよいと言われていますが、DHAに限らず、さまざまな栄養素を満遍なく食事から接種することは、子どもの心と体の健全な成長に不可欠だと思います。

子供用のDHAサプリならやっぱり安全安心が一番!